と り こ

『厭世フレーバー』

父がリストラで家出してしまい、残された5人もバラバラに過ごしているように見えるが、家には帰ってくる。

兄の実母の言葉。

「何を考えてるかなんて、分かる筈がないでしょ。何をやっているかだけ見えてればいいと思うよ。それだけ見えてたら、リュウは一家の長として合格だよ」

(文芸春秋P133)

相手のことを分かろうなんて思うから、自分がつらくなる。
一緒に暮らす、それが事実なんだ。
[PR]



by torikomesi | 2010-12-20 16:54 | わたしの楽しみ

とりこのこれからのてあみ
by torikomesi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧