と り こ

『家日和』から『妻と玄米御飯』

奥田英朗さんの『妻と玄米御飯』というタイトルを見てこれは読まないとと思った。
玄米御飯なんてタイトルから皮肉ってる。

ベストセラー作家になり、お金に余裕ができた妻がロハスにはまり、玄米御飯、ヨガ、エコと広がって、それに巻き込まれていく夫と子供。

たとえば、ヨガを体験して、身体に良いことをしていると感じているのに、これって宗教だよなあと一歩引いている主人公は、流行に踊らされている周りの様子を書きたくてしようがない。
自分の内で自然に膨らんでいく、この膨らませ方がいいと思う。

奥田さんはいつも全ての内容が頭の中に浮かんでいると思う。
全体を把握した上で、凡人の心模様をグネグネと書いていくのだ。

最後は玄米御飯でもいいよと歩み寄らせている。
そんな、夫の優しさ、弱さで締めくくらなくてもいいのに。

こんな短編が6編収められている。
[PR]



by torikomesi | 2011-02-15 15:54 | わたしの楽しみ

とりこのこれからのてあみ
by torikomesi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧