と り こ

徒然草

徒然草 第五十二段
 仁和寺にある法師、年寄るまで岩清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩より詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりかと心得て帰りにけり。
 さて、かたへの人にあひて、「年比思ひつること、果たし侍りぬ。聞きしに過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
 少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。

先週末、岩清水八幡宮へ行ったのですが、なかなか入り口を見つけられず、もう少しで帰ってしまうところでした。

仁和寺から岩清水八幡宮までは相当距離があるので、麓で満足して帰ってしまったこのお坊さんの気持ちも分からないではない、本人が満足ならそれでもいいのではないか、私も帰っていまうかもしれないと思っていました。
が、「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。」とあるように、大勢の人がそう思っていないことが気になっていました。
今日になって、やるべきことをきちんとやることが大切なのではないかと思いました。
[PR]



by torikomesi | 2011-07-03 13:05 | わたしの楽しみ

とりこのこれからのてあみ
by torikomesi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧