「ほっ」と。キャンペーン

と り こ

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧




『海を飛ぶ夢』

『海を飛ぶ夢』

スペイン映画。
22歳のとき、四肢麻痺となった男性ラモンが尊厳死を求める話。
(ただし、ラモンは手足が動かないので、自分ひとりで命を絶つことはできない。)

ラモンは尊厳死を求めながら、父、兄、義姉、甥とともに穏やかに日々を暮らしていた。
私もその日常が続いていくことを願ったし、家族もそう思っていた。
映画の中でラモンは2回しか外出しない。
裁判所に行く日と、ラモンが決行する日。
今、パソコンの前にいても、ラモンが旅立つ時の家族の表情が浮かんでくる。
みんな分かっているのだ。
でも、もうやめろとも言わずに、静かに送り出す。
時間がかかっても、残された家族はその死を受け入れていくだろう。

尊厳死を認めるか認めないか聞かれたら、認めると思ってきたが、今回の映画を見て迷った。
でも、本人の意思はとても強く、尊重されるべきだと思う。
[PR]



by torikomesi | 2011-05-29 11:37 | わたしの楽しみ

ヒメボタル

昨晩、ヒメボタルを見た。
5月はじめから6月中旬まで交代で観察なさっている方によると、1000匹はいるそうだ。
チカチカ瞬いてとてもきれいだった。
こちらの目までキラキラしてしまった。
都会の一部に住んでいるので、近所で蛍を見ることができるとは思わず、とても興奮したのだ。

私の疑問を解決した。
成虫の寿命はオスで7日,メスで2~3日。
[PR]



by torikomesi | 2011-05-25 08:24 | わたしの楽しみ

山かぶら糠漬け

e0180099_1203297.jpg


余呉秘境の味(と手作りのシールが貼ってある)山かぶら糠漬け。
ゴールデンウィークに賤ヶ岳に登ったときに買ったもの。
そこで買ったちらし寿司も美味しかった。
地元のおばあちゃんが作った、山菜、椎茸、塩鮭と錦糸玉子のちらし寿司。
ああ、こういうごはんが食べられたら幸せだなあと思った。
そういうごはんを私は作る!

余呉湖は
[PR]



by torikomesi | 2011-05-24 12:07 | 昼ごはん

直感

e0180099_16382054.jpg


お花のモチーフがとてもかわいいのですが、このあと、正方形になるように横にもお花を刺してから、布を切る予定でしたが、これだけのほうがいいかも。
迷う・・・・・・

と言いつつ、こういうのは直感が大切ですので、このままで仕上がると思います。
[PR]



by torikomesi | 2011-05-20 16:43 | わたしの楽しみ

幸せ

幸せはそこここにある。

そこらじゅうにある。

でもそのまま。

そのまま、そっとしておけばいい。
[PR]



by torikomesi | 2011-05-20 15:27 | わたしの楽しみ

ハーダンガー

さくらの花のようなハーダンガー。

e0180099_8144351.jpg


こちらもできました。
やっぱり前回の方が好きだったなあ。

e0180099_14573033.jpg


次はクロスステッチですが、
[PR]



by torikomesi | 2011-05-17 14:58 | わたしの楽しみ

鮎ごはん

e0180099_7534644.jpg


鮎ごはんを炊きました。
炊き込んだのはあゆの店きむらの干しあゆ、牛蒡、にんじんです。
(塩は2Cに小さじ半分、昆布とお酒は少々)

e0180099_7542350.jpg

[PR]



by torikomesi | 2011-05-15 07:56 | 朝ごはん

Fyn

e0180099_18233287.jpg


梅田の阪神百貨店で開かれている「Fyn 旅に出る理由 vol.7」で買ったお皿に、どうしても食べたかったポテトサラダを盛りつける。
手前には、カリッと焼いたチキンを乗せるつもり。
珍しく洋食だ♪

「Fyn 旅に出る理由 vol.7」は17日(火)まで、阪神百貨店梅田本店 7階 テーブルエッセンスにて。
[PR]



by torikomesi | 2011-05-13 18:29 | 晩ごはん

『梅棹忠夫のことば』

梅棹忠夫さんは国立民族学博物館の初代館長ですが、今、そのみんぱくではウメサオ タダオ展が開かれています。
梅棹忠夫さんのことばに、当館教授の小長谷有紀さんがコメントを添えた本を読みました。

 それに対して、日本や東南アジア、あるいはゲルマン世界、スラブ世界は、いずれも巨大文明からみれば辺境であって、ふるい文明の波にあらわれることが比較的すくない。そこでは、人間の精神はそれほどふかくはたがやされていないのである。あるいはソフィスティケートされていないのである。これらの地域に対して、わたしはやや奇妙な表現であるが「純情地帯」という語をあてたいのである。

(河出書房新社P82)

「比較宗教論」として発表されたのは1964年のことです。
私個人もですが、国としても耕されていないのでしょうね。
私は特別ではありません。
もっと世界に対してオープンになるべきだと思いました。

梅棹さんは同じ頃、モノを捨てることについて記しています。
論理的、感情的に捨てられないならば、儀式をすればよいのだという考えは面白いです。
私もギシキをすることに決めました。

小長谷さんのコメントも今を感じられます。
また読みたい本です。
[PR]



by torikomesi | 2011-05-13 08:43 | わたしの楽しみ

かんぴょう

e0180099_11584397.jpg


去年もはまったかんぴょうの唐揚げ。
唐揚げにする前に生姜砂糖醤油で煮含めますが、そのまま食べるときはわさびが合うと思います。

と思っていましたが、唐揚げにわさびをつけても合う!
[PR]



by torikomesi | 2011-05-12 12:00 | 昼ごはん

とりこのこれからのてあみ
by torikomesi
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧